投稿

住まいのバリアフリー化「コンセント」「スイッチ」

住宅設備のバリアフリー化を考えるなかで、「コンセント」や「スイッチ」の配置を考えてみましょう。住宅環境のバリアフリー化は、室内における段差をなくすことや手すりを設置することなどにフォーカスされることが多いようですが、日常生活のなかで頻繁に使用する「コンセント」や「スイッチ」の配置場所に配慮することなども求められてくるようなのです。たとえば車椅子を利用される高齢者などとの同居を考えるケースにおきましては、車椅子に乗った状態で手の届く場所へのコンセントやスイッチの配置などが望ましいとされてくるでしょう。普段何気なく行っている動作や行動になるべくストレスがかからないような配慮が必要とされてくるようなのです。